動物タレントや目指すものたち紹介ブログ


by ynbsukfu6k
 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐる事件で、東京地検特捜部の任意の事情聴取要請に対し、小沢氏側が応じる方針を固めたことが18日、関係者の話で分かった。近く特捜部に回答し、日程調整するとみられる。
 特捜部は政治資金規正法違反容疑で、衆院議員石川知裕容疑者(36)ら3人を逮捕。その後、改めて小沢氏側に聴取を要請していた。
 関係者によると、小沢氏は18日、弁護士らと今後の事件への対応を協議。個人事務所などが家宅捜索を受け、石川容疑者らが逮捕されるという状況の変化を考慮し、特捜部の聴取要請に応じる方針を決めたとみられる。
 特捜部は年明けに小沢氏に聴取要請したが、小沢氏は多忙などを理由に応じてこなかった。
 特捜部は、陸山会の土地購入代となった4億円に、ゼネコンからの提供資金が含まれるとみており、事情聴取では資金の出所などについて、小沢氏に詳しい説明を求めるとみられる。
 小沢氏は16日の党大会で、4億円の原資について、「積み立ててきた個人の資金」と説明しており、聴取にも同様の説明をする方針とみられる。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

「権力の横暴だ」 石川容疑者逮捕で新党大地の鈴木宗男代表(産経新聞)
「新聞止めるな」記者奮闘 神戸新聞「1・17」ドラマ化(産経新聞)
パロマCO中毒判決は5月11日 元社長ら改めて無罪主張し結審(産経新聞)
<訃報>大塚恵香さん89歳=毎日書道展参与会員(毎日新聞)
<通常国会>18日から150日間 「政治とカネ」野党追及(毎日新聞)
[PR]
# by ynbsukfu6k | 2010-01-21 19:20
 山崎春之さん83歳(やまざき・はるゆき=元駿河台学園理事長、元駿河台大学理事長)13日、肺がんのため死去。葬儀は親族で済ませた。「お別れの会」は3月29日午後1時、東京都港区南青山の青山葬儀所。お別れの会委員長は竹下守夫・駿河台大総長。

<鳩山首相>検察捜査に介入せず 改めて幹事長続投を容認(毎日新聞)
【再生の街 水谷門下生の震災15年】(上)神戸市灘区・六甲道駅南地区(産経新聞)
<羽田空港>システム障害、210便に欠航や遅れ(毎日新聞)
福俵引き 七福神が家人と綱引き 大分・天瀬町高塚(毎日新聞)
海堂氏に賠償命令 「バチスタ」作者 死因診断で名誉棄損(産経新聞)
[PR]
# by ynbsukfu6k | 2010-01-21 01:41
 NHK経営委員会は13日、平成22年度予算案と事業計画を議決した。予算案は、事業収入が約6786億円、事業支出が約6847億円で、61億円の赤字となる。赤字予算は2年連続。

 受信料収入は約6550億円を見込んでいるものの、受信料収入が伸び悩んでいることから、収入確保に向けて取り組みを一層強化するよう執行部に求めていく方針も示した。

【関連記事】
紅白歌合戦ウラ観戦記(下)永ちゃんのオーラにノックアウト
紅白歌合戦ウラ観戦記(上)親切な応対の木村拓哉に小林幸子
秋のNHK連続テレビ小説は「てっぱん」
受信料滞納3県で140世帯、NHK福岡に督促専門部署
NHKがオンデマンドの番組配信料を値下げへ 来月から

小沢氏「意図的に法律に反する行為していない」(読売新聞)
日航株、7円に下落=2日連続ストップ安(時事通信)
母親の賠償請求を棄却=市の出生届不受理−離婚後300日規定訴訟・岡山地裁(時事通信)
龍馬ゆかりの鞆の浦 海援隊知らしめた沈没事件 (産経新聞)
虚偽記載容疑 大久保被告を逮捕 小沢氏の公設第1秘書(毎日新聞)
[PR]
# by ynbsukfu6k | 2010-01-19 18:56
 離婚後300日以内に生まれた子は前夫の子と推定する民法の規定により、市が出生届を不受理としたのは違憲などとして、岡山県の女性が子を原告として国と同県総社市に330万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、岡山地裁(古賀輝郎裁判長)は14日、請求を棄却した。
 訴状によると、女性は前夫から暴力を受け2006年から別居した。08年3月に裁判で離婚が成立する前、現在の夫との子を妊娠し、同11月に女児を出産。総社市は同月、民法の規定を理由に、現夫の子として出した出生届を受理しなかった。
 原告側によると、提訴後に現夫との親子関係を確認する裁判所の認知調停が成立。同市は出生届を受理し、女児は戸籍を取得した。
 市が当初不受理とした点について、原告側は「離婚訴訟で裁判所が前夫との長期間別居と夫婦関係の形骸(けいがい)化を認定すれば、現夫の子として受理すべきだ」と訴えていた。 

精鋭400人、降下訓練始め 陸上自衛隊(産経新聞)
政府・民主に衝撃「捜査見守る」=社民幹事長「誠に遺憾」(時事通信)
韓国コスメ続々日本上陸 実は「安くて品揃えが豊富」(J-CASTニュース)
<仙谷行政刷新相>「消費税の議論、避けて通れず」(毎日新聞)
<銀座貴金属店窃盗>警視庁、香港警察と本格的な情報交換へ(毎日新聞)
[PR]
# by ynbsukfu6k | 2010-01-17 05:31
 【小沢氏秘書 第2回公判】(4)

《検察側は、西松建設元総務部長兼経営企画部長に対する証人尋問を終えた。続いて、弁護側の反対尋問が始まる》
 《小沢一郎民主党幹事長の関係団体に献金してきた「新政治問題研究会」(新政研)と「未来産業研究会」(未来研)は「ダミー団体だった」と強調してきた検察側に対し、小沢氏の秘書、大久保隆規被告(48)の弁護側は「実体のある政治団体だ」と主張する構えだ》

  [表で見る]小沢氏側がゼネコン側から年間約2億円を集金するシステムとは…

 弁護人「証人は平成12年3月に本社総務部長になっていますね。その後、小沢事務所だけでなく、ほかの政治家への献金の窓口になっていましたか」

 証人「部長として、いろいろやっていたので。小沢事務所だけでなく、いろいろやっていました」

 弁護人「担当した政治家とは誰ですか」

 検察官「異議があります! 主尋問の範囲外です」

 《ここで検察側が異議を唱えた。弁護人が、検察側が行った尋問に対応した質問を行っていないと指摘したのだ。弁護側は「役職や担務を聞いたので、その一環の質問です」と反論。だが、これは登石郁朗裁判長が「質問を変えてください」と静かに言い渡し、検察側の異議が認められた》

 弁護人「新政研への証人のかかわり方を確認したいと思います。平成9年に小沢事務所への窓口になった以前に、新政研にかかわったことはありましたか」

 証人「そういう政治団体ができたときに、頼まれて会員になった記憶はあります」

 弁護人「誰から頼まれたのですか」

 証人「××(新政研の元代表者の実名)です」

 弁護人「その時、××氏から、新政研がどのような団体かという説明はありましたか」

 《ここで再び、検察側が「主尋問の範囲外だ」と異議を唱えた。登石裁判長は「ちょっと、ここで書記官が変わりますので」と述べ、書記官を交代させた。法廷にしばらく沈黙が続く。大久保被告がうつむいたまま、大きく息をついた。登石裁判長に促され、弁護側が、言い方を変えて再び質問を始めた》

 弁護人「大久保さんと寄付の割り振りの話をしているときのことをお尋ねします。証人の言葉として『外部の政治団体に依頼しないと』と言ったのですね」

 証人「新政研、未来研に依頼するとは、当然、言っていると思います」

 弁護人「その時の認識として、新政研は『外部の政治団体』という認識でしたか」

 《弁護側は、「外部の政治団体」という言葉を強調することで、実体のある団体だと印象づけようとしているようだ》

 証人「(寄付の窓口を)引き継いだときもそう言われたし、当時はそう思っていました」

 弁護人「誰から、いつごろ引き継いだのですか」

 証人「平成13年6月に、私が取締役になり、経営企画部長を兼務した時点で、前任者から引き継ぎました」

 弁護人「前任者から、具体的な説明はありましたか」

 《ここで検察側はまた、「主尋問の範囲を外れている」と異議を唱えた。弁護人は今回は「じゃあ、今のは結構です」と、引き下がった》

 弁護人「小沢事務所に年間1500万円の寄付をするという合意について、初めて認識したのはいつですか」

 証人「平成9年ですが、上司の支店長から『1500万円』という金額を言われた。毎年(寄付する)とはいわれていません」

 弁護人「(1500万円寄付することは)毎年ごとに決定していたのですか」

 証人「私が上司から言われてます」

 弁護人「つまり、国沢(幹雄元西松建設社長)氏が決めていたとですか」

 証人「国沢か、(東北)支店長が国沢と話して決めたか、私はわかりません」

 《証人は抑揚に乏しい声で、淡々と質問に答え続けている。大久保被告は背筋を伸ばし、じっとやりとりに聞き入っている》

 弁護人「献金元となる(新政研や未来研などの)団体を増やしてほしい、という要望が、小沢事務所側からありましたか」

 証人「それは、こっちサイドの件は、あまり言われた記憶はありません。私も先方サイドのことは言っていません」

 弁護人「どの団体が献金するかは、もっぱらあなた側の事情で決めたのですね」

 証人「金のないところには頼めないし…。依頼する政治団体の資金状況も聞いて決めていました」

 弁護人「平成12年以降、西松建設名義の献金はありませんが、11年までは西松名義の献金はありましたか」

 証人「あったと思いますが、正確には覚えていません」

 弁護人「なぜ西松が外れたか知っていますか」

 証人「指示だった気がするんですが」

 弁護人「例えば、小沢事務所側から依頼がありましたか」

 証人「先方さんから、こっちについて言われた記憶はあまりないんですよ」

 《大久保被告がまた、大きく息をついた》

 弁護人「西松の関係団体の献金の窓口は、証人だったということですね」

 証人「窓口というか、(小沢事務所から)請求書をもらって、依頼したりは私がしていました」

 《証人は「依頼」先については、明言しない》

 弁護人「証人以外に、(大久保)被告とやりとりした人はいましたか」

 証人「一次的な話は私がしていますが、平成18年以降は、後任の総務部長が同席したかもしれません」

 弁護人「(下請け業者の献金団体である)松和会については」

 証人「一切、私を経由していません」

 弁護人「証人は、松和会のメンバー表の作成には関与したということですが、各社への請求書は、直接送るようにと、小沢事務所側に対して言ったりしましたか」

 証人「メンバーは決めましょう、ただ、あとのやり取りはウチは関係ないから、直接やってもらおうと、上司と話しました。あとのやり取りは関与していません」

 弁護人「メンバー企業の献金の不払いがあった場合、督促などをすることはありましたか」

 証人「記憶にないが、あったとしても、関係ないと申し上げていたと思います」

 《ここで、質問する弁護人が交代した》

 =(5)へ続く

【関連記事】
「平成9年当時の献金窓口は樋高剛氏」 元秘書で現民主党衆院議員
寄付ルート「毎年、大久保被告と打ち合わせた」 西松元総務部長が証言
聴取要請から1週間 小沢氏「多忙」 膠着続けば証人尋問も
取材応じず1週間 特捜の切り札は…資金問題 小沢氏「違法行為はない」
「紙袋の4億」「融資の4億」小沢氏はどう説明するのか?

オウム井上被告の死刑確定(産経新聞)
徳島特産の藍染めで「鳴門の渦潮」 大阪のホテル(産経新聞)
神様がくれた最高のアルバム 橘先生が手紙(産経新聞)
成人式の必要性 意外? 6割が支持派(産経新聞)
<明治安田生命>企業年金28億円分を二重払い(毎日新聞)
[PR]
# by ynbsukfu6k | 2010-01-15 17:21