動物タレントや目指すものたち紹介ブログ


by ynbsukfu6k

規制・制度改革の検討、「厚労省が頑張っている」―枝野担当相(医療介護CBニュース)

 政府の行政刷新会議(議長=鳩山由紀夫首相)は5月18日、下部組織の規制・制度改革に関する分科会から検討状況の報告を受けた。同分科会は4月末に規制改革事項の対処方針を了承し、具体的な検討項目について各省庁と交渉を進めている。枝野幸男行政刷新担当相は同日の記者会見で、「特に厚生労働省が頑張っていて、かなり前に進んでいるという報告を受けている」と述べた。

 同分科会の医療・介護に関するワーキンググループでは、19の検討項目を示している。このうち、保険外併用療養の範囲拡大や一般用医薬品のインターネット販売の規制緩和、再生医療の推進(医薬品医療機器総合機構の審査体制など)といった9項目に関して、枝野担当相は政務官との折衝が進んでいるとした。

■「行政事業レビュー」を26日から一般公開

 枝野担当相はまた、各府省が昨年度の事業について検証する「行政事業レビュー」を一般公開する「公開プロセス」の日程を説明し、11省1府で26日から6月15日まで行われると発表した。厚労省は31日、6月7、10日の3日間の予定で、▽医療給付費の適正化▽介護給付等費用適正化事業▽医療機関の未収金対策支援事業―など13事業が対象となる。


【関連記事】
仕分け後半戦の対象法人を決定―刷新会議
「埋蔵金レベルが出た」―前半の仕分けで枝野担当相
医薬基盤研、研究事業は「削減」、ベンチャー支援は「廃止」
PMDA、事業拡充も「厚労省からの出向減を」―事業仕分け第2弾
福祉医療機構の「福祉貸付」「医療貸付」は現状維持−事業仕分け第2弾

園児の習い事、40代ママは教育熱心!?(産経新聞)
10億円以上着服か 近鉄子会社元社員聴取へ 大阪地検(産経新聞)
浜教組の教科書不使用指示 文科省が調査開始(産経新聞)
諫早干拓地堤防開門 地元対策怠り迷走 結論ありき、普天間酷似(産経新聞)
江戸時代のハイテク!からくり人形を復元(読売新聞)
[PR]
by ynbsukfu6k | 2010-05-20 07:03